みんカラキングダム17ブラウンのサイズやその他覚書

違いを見つけたからなんだっていうのか分かりませんが、今日は暇だったので、いろいろ見て回ってたんです。
みんカラキングダムのDIAについて調べているうちに分かったことがあるんです。

クチュールとキングダムは着けたい人が違う

同じ韓国カラコンでもクチュールの14.2mmとみんカラキングダムの着色直径の16.0mmとかですとかなり大きさが違いますよね。
カラコンのDIAや着色直径の好みは千差万別ですよね。
比べることに何の意味はないのですが、クチュールカラコンのことをメインにいろいろ書いてきましたが、だんだんともう少し大きい、いえ、もっと大きいサイズのカラコン、例えばみんカラのキングダムだったり、センスマニア、メイクルームといったシリーズ、ローズベリーなんかのことも書いてきて、どれがどうとか感想を書くのもあまり意味がないかなと思うようになってきました。

結局好みなんてみんな違うでしょうからね。
そういえば、みんカラからは新しいのが出てて、クイーンというシリーズでしたが、今のところダークブラウンだけでした。
どうもキングダム9に似てる気もしますが、どちらも着色直径は16.0mmですね。
ちなみん、その数値はレンズを潰した状態での数値です。

よく考えると、韓国カラコンの場合、表記が異なることもありますので、レンズの大きさ、着色部分の大きさを知るときはきちんと説明を読んだほうがいいですね。
クチュールのdiaはレンズを潰さない状態で14.2mmであり、キングダムの場合はレンズを潰した状態の着色直径です。
ですので、14.2と16.0を比べても何の意味もありません。

カラコンは一応度ありも対応してるのが多いですが、見た目がどうかとうのが一番大切なポイントでしょうから、こういうことも知っておいたほういいでしょうね。

全く新しいカラコンブランドって最近はなかなか出てこなくなりましたが、これ以上は増えないのかな。
たぶん、これ以上のものとなると品質の部分で画期的なのが出ないと意味がないかも。
デザインは正直出揃った感じがあります。同じようなのもたくさんありますからね。

頼みごとは今はないけど、重要なことであれば、また考えたいと思っています。いつかみんカラキングダム17ブラウン!kingdom17-brownのページをさらに充実させていこうと考えております。